新着情報

つくば 技術研究所で舞台「黒部の太陽」の出水シーンを公開!

平成20年9月18日

つくば 技術研究所で舞台「黒部の太陽」の出水シーンを報道陣に公開!

 舞台版「黒部の太陽」では映画版のクライマックスシーンとなったトンネル内の大出水シーンを舞台でも再現します。9月17日、つくば 技術研究所で舞台の準備が進む中、その舞台装置の様子が公開されました。

出水シーンの様子

 技術研究所 振動構造実験棟内に作られたセットは高さ6メートル、奥行き8メートル、間口は12メートル。本物の関電(大町)トンネルとそっくりに再現されています。
 出演者、関係者ら200人が見守る中、出水シーン開始の合図がかかると、「ゴーッ」という音とともにトンネルの奥や左右・上部などから水が噴きだし、最後は大量の水が放出、映画同様の迫力あるシーンが再現されました。そのシーンではポンプ20台を使って 毎分10トン 合計40トンの水が放出します。テストが終わると、会場からは「すごい!」という声と拍手が起こるなど会場が沸きました。

大迫力の出水シーン

リアルな岩   細かいところまで

セットは本物そっくり。細部にもこだわりが。

記者会見の様子

 また、出水シーンの公開テストが行われた後記者会見が行われ、脚本・演出を担当する佐々部 清 監督、出演する中村 獅童さん、神田 正輝さん、大地 康雄さん、勝野 洋さん、月影 瞳さんが出席し、舞台装置を見ての感想や舞台への意気込みを語りました。当日はマスコミ関係者ら約80人が出席し、その模様は新聞やテレビで大きく報道されました。

マスコミ囲まれる2人

マスコミに囲まれる獅童さんと神田さん

 

決意を語る獅童さん  神田正輝さん

出水装置のスケールの大きさに驚き、それに負けない演技をとの決意を語る獅童さんと神田さん

 

 また「黒部の太陽」の地元である富山県 宇奈月温泉協会の女将さんたちも応援に駆けつけ、舞台の成功を祈願して、当社社員と共に出演者らに花束を手渡しました

宇奈月温泉の女将たち

宇奈月温泉協会の女将さんたちから花束を受取る出演者

舞台「黒部の太陽」

            • ・期   間:平成20年10月5日(日)~26日(日)
              ・場   所:梅田芸術劇場 メインホール
              ・主な出演者: 中村 獅童 神田 正輝 大地 康雄 ベンガル

                 詳細につきましては梅田芸術劇場ホームページをご覧下さい。

BACK
PAGE TOP