新着情報

2006年 土木学会 技術賞を受賞!

平成19年6月14日

赤岩トンネルが2006年 土木学会 技術賞を受賞!

 当社が施工している道道夕張新得線赤岩トンネルにおける大規模地すべりに遭遇したトンネルの設計・施工技術が2006年 土木学会 技術賞を受賞しました。

盾

 「土木学会 技術賞」は具体的なプロジェクトに関連して、土木技術の発展に顕著な貢献をし、社会の発展に寄与したと認められる計画・設計・施工または維持管理等の画期的な個別技術(情報技術、マネージメント技術を含む)に与えられるものです。当社は2005年度 土木学会賞で箕面有料道路・箕面トンネルが技術賞を受賞しており2年連続、そして本年度は三本木原トンネルとのダブル受賞となりました。

 赤岩トンネルは北海道で建設中の夕張市から新得町に至る88キロメートルの道道夕張新得線内に延長2,115mの2車線の道路トンネルです。現在使用されている道路は大規模な地すべり地帯にあり、地すべりや冬期間の雪崩による通行止めが絶えない区間にあります。当工事は交通の利便性と安全確保のために現在の道路をトンネルルートに代替えするものです。

  当工事は平成13年9月に着工しましたが、日本国内外においても例のない、予想以上の大規模な地すべり帯に遭遇しました。今回の表彰は大規模地すべり帯とトンネルが交差する部分の設計・施工方法に対する高い技術が評価されました。

工事概要
  工 事 名:道道夕張新得線道路改良(赤岩トンネル)工事
  工事場所:北海道勇払郡占冠村
  発 注 者:北海道旭川土木現業所
  施工業者:清水・荒井・熊谷 特定建設工事共同企業体  
  工  期:平成13年9月27日~平成19年3月24日
  概  要: 工 事 区 間 2,115m
                 トンネル延長 2,103m
         全幅員 9.5m
                 内空断面積 69m2
 

 

BACK
PAGE TOP