安全・品質・環境活動

安全衛生活動

安全衛生方針

熊谷組は、安全衛生マネジメントシステムを導入し、安全衛生理念に基づき、全社の事業活動において安全衛生活動を積極的に推進し、労働災害の防止、健康の増進及び快適な職場環境の形成を図り、生産性の向上に資することとする。
  ここに安全衛生マネジメントシステムの導入に際し、以下の事項を表明する。

  • 安全衛生マネジメントシステムによる安全衛生管理活動を事業展開の中で重要業務に位置づけ、継続、維持を図る。
  • 安全衛生マネジメントシステムを適切に実施及び運用し、安全衛生目標を達成するため、必要な経営資源を提供する。
  • 安全衛生関係法規、社内安全衛生基準及びその他基準等に定める事項を遵守し、安全衛生管理技術の一層の向上を図る。
  • 社員の協力を得ながら、安全衛生マネジメントシステムの実施及び運用を積極的に推進するため、社員に対して責任と権限を付与する。
  • 社員及び専門工事業者等に対し安全衛生教育及び訓練を継続的に行う。
  • 安全衛生マネジメントシステムの定期的な見直しを行う。

この安全衛生方針に基づき、全社にわたり安全衛生管理活動を展開し、企業としての社会的責務を果たすこととする。

株式会社 熊谷組
取締役社長 樋口 靖

 

経営トップである社長は、自らの安全衛生活動に関する基本的な考え方を安全衛生方針として表明し、事業活動における安全衛生活動の位置付けを明確にした上で、活動に対する企業としての取り組み方の方針を示しています。

BACK
PAGE TOP