会社情報

沿革

昭和中期 (21年~40年)
21年 5月 名古屋工場(後の豊川工場、現テクノス(株))業務開始
22年 3月 社報創刊号発刊
4月 社長熊谷太三郎、公選後初の福井市長となる
9月 社長熊谷三太郎、福井県貴族院議員に任命される
6月 技術研究室開設(東京営業所内)
7月 天皇、皇后両陛下、相模ダムをご視察
23年 2月 札幌、横浜、名古屋、大阪、広島、福岡の各支店を開設
5月 日本社会人野球協会に登録(野球部創部)
24年 3月 東京支店開設
25年 1月 第1回新卒者定期採用試験実施
26年 1月 野球部後援会発足
5月 会長熊谷三太郎逝去
27年 2月 機械化施工の先駆である平岡発電所竣工
(昭和15年着工、戦争で中断し昭和24年2月再開)
4月 バスケットボール部実業団リーグに登録(バスケットボール部創部)
29年 6月 高松宮殿下と妃殿下が佐久間ダム及び発電所建設工事をご視察
9月 東京営業所新社屋完成
30年 4月 全断面掘削工法が初採用された東上田発電所のトンネル竣工 (昭和28年1月着工)
7月 専務牧田甚一、藍綬褒章を受章
31年 4月 本格的機械化施工の佐久間発電所竣工(昭和28年4月着工)
5月 「くまがいこどもえん」を福井市へ寄贈
8月 我国初のルーフシールド工事・関門国道下関口トンネル竣工(昭和27年10月着工)
32年 8月 第28回都市対抗野球大会に優勝
9月 第3回世界野球選手権大会に優勝(デトロイト)
皇太子殿下、秋葉、佐久間両発電所をご視察
10月 天皇、皇后両陛下、秋葉、佐久間両発電所をご視察
12月 社長熊谷太三郎、藍綬褒章を受章
33年 2月 黒四・大町トンネル貫通
(昭和31年4月着工、昭和42年に石原プロダクション制作の映画「黒部の太陽」のモデル)
7月 秋葉発電所竣工(昭和29年11月着工)
10月 豊川工場開設(名古屋工場閉鎖)
35年 8月 第31回都市対抗野球大会に優勝
36年 3月 我国初の長大吊橋、若戸大橋竣工(昭和34年2月着工)
8月 第2回BCS賞受賞(都道府県会館)
9月 香港プロバーコーブ導水路トンネル工事受注(海外第1号)
37年 7月 社長熊谷太三郎、参議院議員に当選
9月 技術研究所開設
12月 仙台支店開設
38年 3月 我国初の円形シールド工事・名古屋市高速鉄道覚王山トンネル竣工 (昭和35年12月着工)
4月 技術研究所分室設置(豊川工場内)
7月 当社開発のサイロット工法を初導入した東海道新幹線泉越トンネル竣工 (昭和35年1月着工)
8月 第4回BCS賞受賞(長野市民会館)
10月 社章改訂
11月 創立25周年記念式典
39年 1月 東京営業所を東京本社に改称
11月 副社長牧田甚一が会長に就任
12月 東京土木支店、東京建築支店、北関東支店開設
40年 5月 会長牧田甚一、勲四等旭日小綬章を受章
11月 東松山工場設立
BACK
PAGE TOP